にいがた探訪

【アフターたびきち】「加茂料理番を巡ってみた」(後編)小料理うお清・割烹志田屋・割烹阿部・天神屋会館

新潟県観光協会公式ブログ「たびきち」で5月に書かせていただいた記事

「小京都・加茂で加茂料理番巡り」

ありがたいことに多くの反響をいただき、読んでいただい皆様にはとても感謝しております。(「いいね」の数がエグい!)

取材させていただいた8店への感謝の気持ちが芽生え、このイベントを応援したい気持ちが高まった私が考えたこと。

それは、

全店まわったおもしろくね?

きっと8店の料理番、女将さん達はびっくりしてくれるはず!

必要なのはお金と時間。そして「やる気」

今の自分にできないことではない。

このイベントで全店制覇を達成させる人は、かなりレアなのではないか。

俺がやるしかない。

そんな変な使命感下心満載の功名心にかられまして、【アフターたびきち】加茂料理番を巡ってみたをスタートさせました。

「前編」でお伝えした4店に続いて、のこりの4店も無事に巡り、全店舗制覇を達成!

【アフターたびきち】加茂料理番巡り『後編』をレポートをさせていただきます♪

小料理うお清

先日放送されたNSTの番組「八千代コースター」はご覧になりましたか?

ここ「小料理うお清」さんに取材が入って、スーパーササダンゴマシーンさんとおもしろトークがさく裂していたのですが、マジで最高でした!

この日のランチパートナーは、パパ友であり、母校若宮中学校の先輩であり、私の同級生の兄でもある山田憲一さん。

ノンアルビールで乾杯!

私が3月に新潟市へ引っ越してから、久しぶりの再会を果たせました。

「前編」でも言いましたが、会いたい人と会う機会(口実)をつくってくれる!というのが加茂料理番巡り『会席料理ランチ』の良いところ。

さっそく出ました鴨料理。鴨肉がはいったお吸い物です。

めちゃくちゃ柔らかく煮てある鴨肉が、片栗粉でコーティング。

なかなか家庭では出せない出汁が効いたお汁がたまらなく美味しいんですよコレ。

今回のMVPは「のどぐろ」!

大きい「のどぐろ」の焼きものと、加茂農林高校の卵を使った玉子焼き。

この「のどぐろ」、しっかり脂がのっていてたまらんかったとです(なぜか九州なまり)

過去に食べた数々ののどぐろの中で、一番おいしいのどぐろだったかもしれません。(正直、何回も食べたことないけどw)

そしてしっかりひょうたんの形をした玉子焼き。

今回は初のイベントということで、おめでたいという縁起物としてひょうたんの形の玉子焼きを提供されています。

気持ちを込めて、ひとつひとつの料理に手間をかける。

こういう計らいが嬉しいですね♪

「これがメインです」といって、料理番の横山純一さんが運んできてくれたのは、

鴨肉が入った炊き込みご飯。土鍋ごと!

やっぱり・・MVP2つとさせてください笑

この鴨肉の炊き込みご飯がおいしいのなんのって。

鴨肉は硬くなり過ぎないように、別で煮てから後入れで投入。

ちょうどいい歯ごたえと味の鴨肉と、おこげも楽しめる熱々の炊き込みご飯を楽しめます。

他にもおいしい料理がたくさん出てきましたがお伝えしきれません!大満足の会席「花コース」でした。

料理だけではなく、いつも明るく面白い料理番の純一さんのキャラクターもぜひ堪能してもらいたい「小料理うお清」。

ごちそうさまでした!五代目。

あ、四代目!!!笑

■小料理うお清

住所:加茂市穀町9-9

●ご予約電話 0256-52-0577

インスタグラム:https://www.instagram.com/uosei2021/

割烹 志田屋

小料理うお清を出た足で向かったのは、割烹志田屋。

え?ランチのはしご?

いえいえ、さすがにそれはクレイジー。

実はこちらに頼んでいたのは、

豪華「雪椿弁当」です。

実はこれ、私が食べるのではなく、いつもお世話になっている妻の実家の両親へのプレゼントとして購入しました。

「加茂料理番巡り」おいしさのお裾分けです。

今回はこのように「雪椿弁当」を提供されているお店が多くあるので、大切なひとへのプレゼントとして活用するのもアリではないでしょうか。

とはいえ・・・志田屋さんの料理を僕も食べたい!

そこで、割烹志田屋名物の「う巻」を別で注文。うなぎが玉子焼きで巻かれたものです。

こちらは自宅に持ち帰って、夜の食卓に登場。

ふんだんに卵が使われていて、中にはウナギの「う巻」

とても贅沢な一品をいただきました。

うなぎの独特の触感と、割烹ならではの玉子焼きの味。

「大根おろしと醤油をつけるといいよ」と聞いたので、その通りにして味変を楽しみました。

プレゼントした妻の実家の両親からも「おいしかったよ!」と感謝されました。

ごちそうさまでしたー。

■割烹 志田屋

住所:田上町保明新田1434-1 

●ご予約電話 0256-57-2303

割烹 阿部

私がこの世の中でもっともお世話になっている割烹といえば、ココです。

客としては常連といえるほどではないかもしれませんが、

店主・阿部大輔の友人としてここに来ることはとても多く、

ここだけの話「まかない」まで食べさせてもらっちゃうほどお世話になっております。

さすが割烹といういいお部屋に通してもらって、仲のいい友人3人のおじさんランチ。

以前は3人で定期的に夜の飲み会をしていたのですが、

ひとりは子供が生まれてまだ小さく、なかなか夜は外出しにくい状況。

そんな状況だからこその昼に集まり会席ランチをたしなむ!

なかなか会えていなかったので、今回とてもいいきっかけでした。

割烹阿部特製「鴨饅頭」

取材でこの料理を聞いていたときから気になっていました。

外はパリッとした食感で、中には鴨肉がはいった饅頭。臭みは全くありません。

上品な味のスープ(たれ?)を一緒にたべるとベストマッチ!

ひらめのカダイフ巻き、鮭の切り身、自家製鴨ローストの3コンボ。

お皿にはバルサミコ酢が乗っており、味変をたのしめます。

日本料理にとどまらず、常に新しい料理を挑戦しつづけているのが店主・阿部大輔のこだわり。

でました。割烹阿部、最近のヒット商品「ちりめん山椒」

本場京都で修行をした料理番、阿部大輔がつくる「ちりめん山椒」は一度は食べてください。

まさに本場仕込みの逸品。きっとハマってしまうことでしょう。

「ちりめん山椒」は数量限定ですがテイクアウトも可能です。予約してお買い求めください。

-にいがた探訪

© 2021 けんじの毎日ブログ Powered by AFFINGER5