けんじブログ

【一日一生】昨日43歳の誕生日だったので、今を一日に換算してみた。

昨日7月15日は、43歳の誕生日でした。

これまでの人生に関わっていただいた全ての皆様のおかげで、今日まで生きてこれました。

ありがとうございます。

一生を一日に換算すると・・・

毎年誕生日になると考えることがあります。

人生100年時代といわれる現代

本当に100歳まで生きるとし、一生を一日の時間にあてはめて考えると、

いま何時なんだろう?

ということです。

どういうことかというと、

生まれたときは午前0時、100歳が24時としてあてはめてみるのです。

24時間 ÷ 100歳 =

1歳(1年)は、14分24秒。

43歳になった私は、今何時かというと

午前10時19分12秒

え?まだそんな時間?

そう。まだ午前中であり、一番集中力が高まっている時間帯。

仕事でいうと重要度の高い作業にとりかかっている最中で、ひと息つく昼休みまではまだ2時間近くもあるくらい。

ということに気づきます。

まだ遅くはない。今日が一番若い日

「何をするにも遅いことはない。今日が一番若い日だ」

という言葉をよく聞きますが、こうやって一日に換算してみると、確かにまだまだ前半だし時間はたくさんあるなと気づきます。

一日はまだこれからじゃないか

これからが楽しいとき(かもしれない)

いま(43歳)は午前10時19分12秒。集中力が高く生産性が高まっている時間(のはず)

これからの人生(今日一日)どんなふうにすごすのだろう?

・午前中に重要な仕事を終える(~50歳)

・12時になったらおいしいランチを楽しんで(50歳~54歳)

・午後はおやつを食べながら、ゆっくりとマイペースで仕事をして(55歳~75歳)

・18時ころから最高のディナーを楽しむ(75歳~80歳)

・21時を過ぎたら、一日(一生)の心地よい疲れを感じて、楽しい一日を振り返りながら布団に入ってゆっくり休む(87歳~100歳)

こんなふうな楽しくて、穏やかで、幸せな人生にしたいなと考えました。

100歳まで生きない可能性も十分ある

当然100歳まで生きる保証などまったくないけれど、

明日死んでもなんら不思議なことはないけれど、

100歳まで生きたとして、こうやって一日に換算してみると、

まだ若い。挑戦するのに遅いなんてことは全くない。

と思えるものです。

逆に明日死んでも悔いはないと思えるほど、今を楽しく生きようとも思えます。

43歳もますます楽しい一年にしていきたいです。

関わってくださる皆様、これからもよろしくお願いします。

-けんじブログ
-, ,

© 2021 けんじの毎日ブログ Powered by AFFINGER5